ネットで生徒が集まる英会話スクールと生徒が集まらない英会話スクールの決定的違い

戦略計画

世の中不景気とはいいつつも、英語業界では常に「英語をなんとかしたい!」というニーズがあります。

そして、そのニーズを正確に理解し、集客に成功している英会話スクールは、他社には真似できない、ダントツの結果を実現しています。

あなたは知っていますか?

この不景気と言われるご時世でも、ネットで申し込みが察王。受講待ちする生徒が列をなしている英会話スクールがあることを。

では一体、ネットで生徒がガンガン集められる英会話スクールと、集められない英会話スクール。一体何がどう違うのか?

そこでこのページでは、ウェブ集客に成功する英会話スクールとそうでないスクールの違いを分かりやすく解説しています。

もしあなたがネットからの集客に苦戦。「生徒が集まらない」とお悩みなら、これが原因かもしれません。

大切なのは「戦略」の有無

ウェブサイトはそもそも、目的に沿って公開されているべき存在です。

その目的とはすなわち生徒の獲得。ネットからウェブサイトにアクセスした生徒を、無料体験などの申し込みにスムーズに誘導。

実際に英会話スクールに来店してもらい、そこでクロージングしていくのが、王道の流れです。

しかし、実際問題、ウェブサイトを公開しただけで無料体験の申し込みが楽々増えるわけではありません。

なぜなら、誘導のための導線が不適切だったり、検索エンジンで上位表示されるキーワードがずれているため、成約の意思がない人をアクセスさせていたり、何からの問題が生じています。

そこで、どのような戦略でウェブサイトに見込み客を集客するのか。アクセスさせたあとはどうするのか。

その具体的な戦略を持っているか持っていないか。それが実際のウェブ集客の差となっています。

自然に成果が上がることはない!

ウェブ集客と一口にいっても、自然検索による流入。有料広告の活用。SNSの活用。様々な方法があります。

問題は、いかにあなたの状況に応じた戦略を選択できるか、という点です。戦略を間違えるのはまだマシです。

問題なのは、戦略すらない場合です。つまり、ウェブサイトを用意しておけば、自然発生的にウェブから生徒を集客できるという誤解です。

実際のところ、そんなことは、決してないのです。

ウェブ集客に成功勝ち組企業の特徴は、いかに自社のUSPをネット上で正しく拡散させるか。その具体的な戦略を持っています。

アフィリエイトの活用にしろ、キーワードによる集客にしろ、ロイヤリティの高い生徒を集めるために、ウェブサイトを成約の仕組みの一つとして機能させています。

だから、ウェブサイトにアクセスした見込み客が、申し込みに到達するまでのハードルが極めて自然なプロセスで完了します。

平均値は参考にならない?

実際、平均のCV値など関係なく、勝ち組英会話スクールのサイト成約率は10%を余裕で超える場合もあります。

逆に、成約までの仕組に問題がある英会話スクールのサイトは、1%どころか0.5%未満。数字は驚くほど、残酷な結果を提示します。

特に、グーグルで上位表示を実現しているにも関わらずCVがいまいち。アクセスのわりに申し込みのCVが低すぎる場合、明らかに問題があることを意味しています。

それはウェブサイトのデザインがどうだとか、見た目の問題ではなくて、コンテンツの内容や導線の配置、ユーザビリティー、選定キーワード。

ウェブサイトの根本的な問題です。

その問題を改善し、改めてウェブ集客の戦略を実践していくことで、ウェブというプラットフォームを、存分に活用することができます。

ウェブサイトでCVする仕組みを作る

ウェブ集客の根本はウェブサイトです。

自然検索を利用しようと、SNSを活用しようと、アフィリエイトを始めようと、大切なのは送客された人が、「無料体験申し込み」というアクションに到達することです。

あなたのウェブサイトには、そのための戦略はありますか?

「うちはこうこうしてこの手順でCVさせるための仕組みを作っている」という方法をお持ちの場合、それはまさに戦略。

その戦略に則って、更に改善を続けていくことで、その仕組はますます機能することでしょう。

しかしもしあなたがこのページを読んで、「戦略?一体何の話なんだ?」とお考えなら、今すぐにでも、ウェブサイトを基盤として、無料体験への申し込みを増やすまでの、具体的な戦略を練ることをおすすめします。

それはすなわち、あなたがウェブ集客を行う行動すべてに根拠を持つ、ということです。

コンテンツすべてに存在する根拠を持つ

例えばなぜトップページにその文章を書くのか?なぜリンクの文言をそのようにしているのか?ヘッダーメニューはなぜそのリンクなのか?

理由について「これは○○という理由です」と言えること。これが根拠を持つという意味です。

根拠があるからこそ、結果についての修正と対応ができます。しかし、根拠を持たずにウェブサイトを運営していればなぜそのような結果になったのか?判断材料を持つことができません。

グーグルアナリティクスを導入すればアクセス数やCVページへの誘導率をチェックすることはできます。しかし、その数字を更に改善するための、具体的な根拠を見つけることができません。

そこで大切になってくるのが戦略です。戦略を持ってウェブサイトを運営し、集客を実行できるかどうか。

その差がズバリ、ネットで生徒を集められる英会話スクール。そしてネットで生徒が集まらない英会話スクール。

表面的ではない、根本的な違いなのです。

まとめ

最後にまとめです。

今の不景気と言われているご時世で、ダントツ生徒を獲得して勝ち組になっている英会話スクールの特徴。

それは確固たる戦略の有無です。

SNSやアフィリエイトを活用して自社の優位的なUSPを戦略的に拡散。それによってネットでのブランドイメージアップ。指名検索の獲得によるウェブサイトへの誘導。そして申し込みページにてCV。

この戦略が極めて現実的かつ、効果的に行われています。

だからこそ、なぜウェブサイトのヘッダーにそのようなリンクを用意しているのか?文章の表現がこのようになっているのか?すべて、戦略に基づき、一環的に準備されていることを確認することができます。

あなたのウェブサイトはどうでしょうか?

気まぐれではなく然るべき理由で、ウェブサイトは準備されているでしょうか?CVするための戦略を持っているでしょうか?

「Yes!」という場合、さらなる改善と修正を加えていくことで、あなたの英会話スクールを生き残ることができます。

しかしもしないなら。早急に、戦略を持ち、景気や流行に左右されない行動方針の策定を、一刻も早くおすすめします。

あわせて読みたい

ウェブサイトが果たす基本的な役割とは?【ウェブ集客超入門】

ウェブ集客成功のために必要な「指名検索」獲得の話

英会話スクールのウェブ申し込み率を高める必須コンテンツ9選

タイトルとURLをコピーしました