広告主が知っておきたい商標リスティングするアフィリエイターの存在

あなたは知っていますか?

広告主としてコスパバツグン。運用に成功すれば大きな宣伝効果が期待できるアフィリエイト。

・成果条件を自由に決められる

・効果を実感した場合のみ報酬を支払う

など、運用する側にとっては特に有利な条件で広告出稿が可能ですが、アフィリエイトが成果報酬型の広告であるがゆえの問題も起こります。その一つが、商標リスティングの問題です。

このページでは、その概要と問題点を、分かりやすくまとめています。

アフィリエイトを利用する広告主にとっては無視できない問題なので、「こういう問題が起こりうる」ということを事前に知っておくことは、とても大切な話です。

アフィリエイト運用に興味をお持ちの方は、ぜひ参考にしてみてください。

アフィリエイトと商標リスティングの問題

商標リスティングの問題とはずばり、あなたの会社名やサービス名など、非常にCVが高いキーワード(「商品名 購入」など)で、アフィリエイターからリスティング出稿される問題のことを指します。

自社の商標にも関わらず、アフィリエイターがルールを破って広告出稿する。すると、リスティングの価格がアップするなどの問題が起こります。

そのため、アフィリエイト提携におけるルールとして、商標関連ワードでの出稿は禁止されているのが通例です。

商標リスティング自体は法的には問題がありませんが、アフィリエイトを利用する目的は、商標以外のキーワードでの集客がその主な役割になります。

が。あまり大きな声では言えませんが、この手の問題はいろんなASPで起こっています。というのは、ASPによって、商標リスティングを黙認していると思われるところもあるからです。

ASPは広告主からの固定費及び、アフィリエイターが出す成果の一定割合をその利益としています。

そのため、グーグルの変動やITPによって売上が下がっているASPは、商標リスティングを黙認している場合があり、「ルールだからダメです」というような正論ではなんとも言い難い現状が起こっています。

具体的なASPについて知りたい方はtwitterで情報を調べることをおすすめします。

人員不足は要注意!

アフィリエイトという広告システムは、その性質上、いろいろ不透明になりやすく、アフィリエイト側にも、広告主側にも、システムを悪用する人は必ずいます。

すなわち、あなたがアフィリエイトを正しく運用しようと思っている場合でも、ズルをして成果を出そうとする人が出てくることを前提に考える必要があります。

ひどい場合だと、公式サイトに「なりすます」ような悪質な事例もあります。

この意味で、ASPが商標リスティングに対してどのような姿勢で望んでいるか。それは、今後ASPを選ぶ上でとても大切なポイントになるでしょう。

基本的に、対策に積極的なASPは信頼できる考えられます。

ただ、万が一問題が起こった場合、商標リスティングの取り締まりなど、余計な労力が発生する可能性があります。

この点、アフィリエイトという広告システムを利用する場合。運用に関して金銭面だけでなく、適切な人員を用意できるかどうか。その点はしっかり考慮する必要があります。

万が一運用人員が不足した場合は、商標リスティング対策だけでなく、成果の承認確定の作業にも影響が出る可能性があります。

特にアフィリエイターに向けて成果承認に関してあいまいな対応をしてしまう場合、成果をだしているアフィリエイターからそっぽを向かれ、他社を優先されてしまう可能性があります。

ルールを守るアフィリエイターを優遇する

アフィリエイトというシステムを利用する上で、完全に商標リスティング違反を事前に防ぐことは難しいと予想されます。

そこで、提携時にきちんとリスティングに関してはルールを設定し、もし可能であるなら、違反者を通報するフォームを用意し、即座に悪質アフィリエイターを取り締まれる仕組みを用意しておくことが大切です。

というのは、アフィリエイターの中には、積極的に違反者を通報してくれるルールを守る人がいるからです。

わざわざ違反者を教えてくれるアフィリエイターは真面目に取り組んでいますので、今後アフィリエイトを運用していく上で、彼らと囲い込むことはとても大切な試みです。

また、単純に自社で商標リスティングの違反者を発見する労力を節約できるのも大きなメリットです。

いずれせよ大切なのは、アフィリエイトを導入した場合、必ずリスティングで違反者が出る可能性があることを最初から、想定しておくことです。

彼らは実に巧妙にリスティングをし、ルールを破って成果を出そうとします。放置していれば損失拡大は避けられません。

この意味で、アフィリエイトも今後、提携メディアを絞ることはもちろんのこと、適切な人員を配置し、問題に対応できるよう、準備しておくことが肝心です。

最後に

以上、アフィリエイトを導入するなら知っておきたい商標リスティングの問題について、ご紹介しました。

アフィリエイトは成果報酬型の広告であり、アフィリエイターにしてみれば、売れなければ儲からないビジネスです。

そのため、中にはルールを破ってでも売上を出そうとする人が存在しているのが現実があります。

そのため「アフィリエイトは広告主に便利な広告だから」という理由で導入すれば、想定以上の手間と労力がかかる可能性があります。

グーグルへの異議申し立てやASPとの連携、提携解除の対策など、本来の目的とは全く関係ないことに労力を注ぐ必要があります。

この点、アフィリエイトに参入する場合適切な費用の確保はもとより、運用のための人員を確保できるか。二重で確認することをおすすめします。

あわせて読みたい

アフィリエイト運用コンサルティングについて

アフィリエイトより効果的?月極広告のすすめ

アフィリエイトメディアと直接契約する広告主側のメリットデメリット

タイトルとURLをコピーしました