【疑問】ウェブサイトをリニューアルすれば儲かる?

シャレオツなサイト

「ウェブサイトから思ったより集客ができない・・・。そうだ、ウェブサイトをリニューアルしよう!」

これはよく聞く話です。が、その選択は必ずしも正しいとは限りません。

そこでこのページでは、ウェブサイトリニューアルについての一つの見方を提示させていただきます。

あなたの参考になるかもしれませんし、参考にならないかもしれませんが、一つの意見として参考になれば幸いです。

そもそもリニューアルする必要はあるのか?

ウェブサイトをリニューアルしたい大きな動機がデザイン。

例えばサイトのデザインが古臭くなってしまったとか、単純に変えたくなったとか、理由はいろいろあります。

しかし、ウェブサイトのリニューアルにはお金がかかります。

そして是非知っておきたいのが、サイトをリニューアルすることによって、デザインは良くなったとしても肝心の反応率が下がってしまうことがある、という現実です。

それだけでなく、グーグルからのアクセスも影響を受ける可能性があります。だからこそ、リニューアルはなぜするのか?そもそも本当に必要なのか?慎重に検討する必要があります。

必要な場合 不要な場合

結論から言って、今のウェブサイトの集客がうまくいき、反応率も悪くない状況であるなら、わざわざウェブサイトをリニューアルするリスクを犯す必要はないかもしれません。

今うまくいっていることを、わざわざ変える必要は1ミリもないからです。

逆に、今思うような反応率が得られていない。その原因は明らかにデザイン性、見にくさにある。それが確信できる場合は、お金をかけてリニューアルする価値があります。

ただし、サイトをリニューアルすることによって、どのように集客をするのか?今後のコンテンツの追加はどうするか?そういったことまで考えた上で、サイトのリニューアルを決断する必要があります。

リニューアル後に反応率が下がることも!

具体的な名前は出しませんが、アフィリエイトで様々な会社さんの案件を掲載させていただいてる経験から、サイトのリニューアル後に反応率が前より悪くなってしまう案件が実は少なくありません。

もちろん、タグの設定忘れなどの事情がある場合があることもあるのですが、

・申し込み押しが強すぎ

・構成が前より分かりにくくなった→使いにくくなった

などが原因で、売上発生率が落ちてしまう例を何件も見てきました。

このことから、ウェブサイトのリニューアルはマストではありません。慎重に検討する課題です。デザインを変えれば売上が劇的にアップする。そんな考えは幻想です。

SSL&スマホ対応は絶対

ただし、サイトのリニューアルを積極的にすべき場合が二つあります。

それは、次の2つです。

1・サイトのSSL対応をしていない

2・スマホに対応していない(レスポンシブデザインになっていない)

この場合は早急にサイトのリニューアルを検討する価値があります。以下、かんたんにご説明します。

SSL対応(https://)

英会話教室のなかには未だにSSL対応がされていないサイトがありますが、これだけで相当、申し込みに影響が出ている可能性があります。

例えばあなたが顧客の立場になって考えれば、その理由をすぐに納得できるでしょう。実際に、グーグルクローム等のブラウザで、自社サイトのURLをチェックすることをおすすめします。

SSLについて詳しく知りたい方はこちら

スマホ対応

次に特に重要なのがスマホ対応です。

あなたがサイトのアクセス解析を自社でしているなら実感していると思いますが、現状ユーザーの多くは、PCよりスマホを経由してあなたのサイトにアクセスします。

ここで、スマホでどのようにあなたのサイトが見えているか?それは使いにくくないか?ストレスを感じさせないか?

このような点で著しい問題がある場合。

早急に対応する価値は十分にあります。デザインはデバイスごとにサイトのデザインが変化するレスポンシブデザインに対応していることが大切です。

まとめ

繰り返しになりますが、ウェブサイトのリニューアル=劇的な売上げアップにつながると考えるのは早計です。むしろ場合によっては、売上が下がる可能性が十分にあります。

ただし、あなたのサイトが現状反応率に大きな問題を抱えていることに加え、SSL非対応の場合やスマホでの見え方に問題がある場合。サイトをリニューアルする価値はあります。

その場合、どのようなコンテンツを用意しどのように申し込みにつなげていくか?導線をしっかり考えた上で、サイトをリニューアルすることが大切です。

そのさいは、おしゃれさを追求したデザインよりも、誰にとっても使いやすい、ユニバーサルなデザインを採用することをおすすめします。

タイトルとURLをコピーしました