SEO対策は死語になる?上位表示に正解はないがただ一つ言えること

「SEO対策」

ウェブからの集客を考える上で絶対的に重要だったのがSEO対策。しかし近年、グーグルは頻繁すぎる回数で、検索結果をアップデートしています。

そのため、現状としては検索結果は神であるグーグルのみぞ知る。すなわち「AAすればBBというキーワードで確実に上位表示できます」というような「再現性」を期待することは難しいのが現状です。

実際問題、私自身運営している各種所持メディアにおいて、上位表示されているキーワードにおいて、

・タイトルにキーワードを含める

・1記事1キーワード

など、いわゆるSEOの基本的なことをしていないにも関わらず、上位表示を実現しているコンテンツも多数あります。それらはキーワードとコンテンツの内容がほぼ合致しています。

このことから、グーグルはかなりのところ、コンテンツの内容そのものを正確に理解した上で、適切なコンテンツを上位表示させている傾向が強いと感じています。

検索意図を満たす

では適切なコンテンツとは何か?

個人的な考えとしては、キーワードの検索意図です。すなわち、そのキーワードを検索する人がどんな意図を持って検索をかけているのか?

グーグルはその意図を満たせるとグーグルが考えるコンテンツを、上位に表示していると考えています。

そのため、もはやH1タグにキーワードがどうだとか、小手先のSEO対策は今後、ほぼ意味を成さなくなる可能性が高いと考えています。

すなわち、今後グーグルから集客するためには、純粋に適切なコンテンツを用意するという、極めて当たり前の視点をどこまで忠実に追求できるのか?

ウェブサイトの存在意義そのものが問われることになると考えています。

「ユーザー1st」はきれいごとではない

もともと、グーグルの検索エンジンは、検索者が知りたいことを即座に知ることができるツールとして誕生しました。

もちろん、現状においてもグーグルの検索結果は完全ではありません。多かれ少なかれ、表示される検索結果には恣意性がないとは言えない内容です。

そのため一部の業界においては、検索結果が既得権益化している現状は否定することができません。

とはいえ、英会話業界においては某業界と比較した現状、グーグルを集客の要として活用することはできます。そのために忘れてはいけないのがグーグルが説くユーザー1stの姿勢。

すなわち、その情報を必要としている人に必要な情報を提示するためのコンテンツを適切に用意する。それはあなたが見せたい情報ではなく、ユーザーが知りたいと思う情報を提示すること。

その、根本姿勢に立ち戻ることが求められています。

サイト品質は検査されている

「ユーザーに必要な情報を提示していれば自然と検索順位が上がる」

このように書くと何やら偽善的な感じもしますが、10年以上ウェブ集客の現場で実践を重ねてきて思うのは、グーグルのサイト診断力は着実に改善されているという事実です。

タイトルやキーワードの頻度といった表面的なものではなく、そのページに書かれている情報をより正確に理解し、検索の判断基準にしていると思わざるを得ません。

そのため結局問われるのは、一部の業界をのぞいて、サイトそのものの品質であることは疑いようがありません。

見出しにキーワードを連呼したりすることなく、コンテンツの質そのものを徹底的に見直して改善していく。その結果、グーグルからのアクセスが増え、適切な成約へとつながっていく。

年々、その流れが強くなっているように感じています。

SEO対策が死語になる可能性があるもう一つの流れ

もう1点、SEO対策が死語になる可能性を感じる理由の一つとしては、グーグル検索を使わない人々の存在です。

例えば知りたいことがある場合、グーグルで検索せずにtwitterやインスタグラムで検索する人たちが、若者を中心に増えています。

「なぜそういう人たちが増えているのか?」ということはここで云々しませんが、昔のようにグーグル対策=ウェブ集客と考える状況ではなくなりつつある、ということはたしかです。

ただ個人的に不確かなのは、「果たしてグーグルを使わない人が肝心の購買活動に動くのか?」という点です。

「ウェブの世界では流入経路によってCV率が違う」ということはよく知られていますが、本気で購買を検討している人は、それに適した行動を起こします。

この点、ウェブ集客に関してはまだまだ、様々な可能性を検討する段階にあると言えるでしょう。

最後に

現状、まだまだグーグルの集客力は絶大であり、かつコスパは最強です。

自然検索において適切に評価をされることによって、実質無料で集客ができるのは驚くべきことかもしれません。

もちろん、アドワーズやアフィリエイトなど、有料の集客手段を併用することが前提ですが、グーグルの自然検索からの流入で成約へとつながる。

この流れができていることは、そのウェブ集客論が正しいという証明に他なりません。

この点、キーワード比率をどうだとか、内部リンクを○○するといった、過去のSEO対策は意味を成さなくなる可能性があります。

一方で、想定ユーザーのニーズを理解し、適切なコンテンツを提示するという努力をすることが現状、ウェブ集客に成功するために価値ある施策であることは間違いありません。

怪しげなSEOの情報に振り回されず、サイトそのものを見直すこと。その当たり前のことをどこまで徹底できるか?その取り組みの中にこそ、グーグル集客成功のカギが隠されています。

あわせて読みたい

ウェブサイトが果たす基本的な役割とは?【超入門】

絶対に押さえておきたい!ウェブ集客3つの欠点

ウェブ集客のための英会話スクール取材&紹介記事掲載サービス

タイトルとURLをコピーしました