【事例から学ぶ】ダントツで選ばれる英会話スクールになるヒント5選

我々が力になります

当サイトにアクセスしていただき、ありがとうございます。

この記事を読んでいるあなたはきっと、英会話スクールや英語塾などを運営に携わり、ウェブからの集客に強い関心をお持ちの方だと思います。

そこでこの記事では、実際の成功例をご紹介し、一体どんな英会話スクールがウェブ集客に成功。生徒を集めまくって成功しているのか?

10年以上に渡って英語ビジネスの集客に携わり続けている経験をもとに5つのウェブ集客成功のヒントを抽出し、ご紹介します。

これらのポイントをすべて、あなたのビジネスに適応する必要はないかもしれませんが、知識は実行に移されて初めて、現実世界で価値を生み出します。今すぐ実行可能なことがあれば、遠慮なく実行することをおすすめします。

とても長い話になりますので、結論だけ読みたい方は、目次より「成功のポイント」もしくは「まとめ」という部分だけ、お読みください。

ウェブ集客の不都合な現状

今、日本で勝ち組と負け組。二分化が進んでいます。30代でも年収1000万稼ぐ人と年収200万稼げない人。差は拡大するばかりです。

それは何も個人に限った話ではありません。英語教育業界でも、勝ち組と負け組。その差が広がっています。

例えば受講料金は通常の業界価格よりも10倍以上も高額にもかかわらず、圧倒的に生徒から選ばれている英会話スクール。

広告を露出すれば7~10クリックで1件無料体験申込みが発生するほどの高CVRを実現。 受講希望者殺到で半年先まで生徒が列を作っている英会話スクールがある一方。

料金はお得でかつ、レッスンの品質の高さが伺えるサービスを提供しているにもかかわらず、広告を出しても100クリックで1件無料体験申込みが発生するかどうかの低い反応率しか確保することができない英会話スクールがあります。

人気の会社はますます生徒を獲得。儲かっていき、人気のない会社は新規生徒を獲得できず、ジリ貧になっていく。このような厳しい現実があるのが、今のウェブ集客の世界の現実です。

アフィリエイトを通じて知った英語業界の現実

私は2009年以来、『英会話ビギナーズWEB』という英語の情報ポータルサイトを運営しています。

このサイトは「初心者」をメイン読者層として想定し、英語を話せるようになりたい人に役立つ情報を配信し続けています。

それらの情報の一環として、英会話教材や英会話スクールを紹介。提携クライアントのウェブサイトの集客のお手伝いをさせていただいております。

2009年のウェブサイト公開以来、英会話教材の案件を始め、英会話スクール案件、オンライン英会話案件、英語パーソナルトレーニング案件、70社近くの英語教育サービスを掲載。

現在も、プッシュする提携クライアントのウェブサイトへの送客を継続しています。この経験から私が強く実感しているのは、ウェブ集客に成功する会社は、成功すべくして成功しているという事実です。

成功する会社は、どのようにウェブサイトを運営。宣伝活動を行えばいいのか。ブランドイメージをどう保つか。適切な顧客をどのように選定するか。

実に、詳しく、戦略が練られていることを実感します。それは、ウェブサイトのデザイン一つとって見ても明らかです。すなわち、他社とは圧倒的な違いを、ウェブサイト上にて表現できているのです。

だからこそ、成功する会社はダントツ。同業他社よりも、圧倒的なCVRを叩き出し、「一人勝ち」に近い成果を獲得しています。

英語の一大市場となった英語パーソナルトレーニング

例えば、その傾向が明白に分かるのが英語パーソナルトレーニングという、2015年に登場したサービス。

英語パーソナルトレーニングとは、従来の英会話スクールにいわゆるコーチングを取り入れたサービスで、マンツーマン英会話の個人コーチング版、というイメージで考えれば分かりやすいかもしれません。

2015年当時は、英語パーソナルトレーニングというサービスの認知度は極めて低く、業界のパイオニアとなった会社が一社だけある状況でした。それが今や、様々な会社が事業に参入するレッドオーシャンになっています。

そして、このレッドオーシャンでダントツ勝利している会社(ここではA社としておきます)があります。

「ランキング」や「比較」といった、ウェブ上の人気コンテンツでサービスを紹介。そのなかで、他社とは比較にならないくらい高い反応率を叩き出し、ウェブ集客においては、圧倒的な成果を出しています。

なぜそのような状況になっているのか?それはA社が2015年に登場時より緻密に戦略を実行。ウェブ戦略において、ダントツの勝利を得たからだと分析しています。

業界でダントツの成功をおさめたA社

ビジネスにおける導入期より成長期に向けて、生徒を獲得するための広報戦略を充実。

マスコミを活用するだけでなく、ウェブ集客ではアフィリエイトを積極的に導入。体験談記事の掲載を通じ、自社サービスの信念と品質をPR。

それによって、ウェブ上におけるA社の認知度が圧倒的に拡散。「価格は高いが短期間で結果が出せる英会話スクール」として、常時受講待ちが発生するほどの人気スクールになっています。

通常の英会話スクールと比較しても料金は高額。1ヶ月15万~。3ヶ月通えば50万以上の高額費用。 にも関わらず、圧倒的なウェブ集客力を誇っているのが、A社の特徴です。

ポイントは「ファクト」と「USP」の正確な拡散

A社の基本戦略として注目したいのは、自社サービスの内容を極めて正確に、第三者によって拡散されている点にあります。

アフィリエイトの活用にあたっては、まず信頼できる情報の発信者を選定。その上でアフィリエイト提携。そして情報の拡散です。

A社においてはサービスを正確にPRするため、社長自らがA社のサービスについて説明する機会を設けどんな品質のサービスなのか。情報発信者に実際にレッスンを受けてもらった上で、情報のファクトをチェック。

その結果、A社の正確な情報を拡散することに成功しています。

自社のサービスの具体的にどんなサービスで、どんなところが素晴らしいのか?USPを「正確」に拡散。価値を多くの人に理解してもらったことがまさに、A社が圧倒的な結果を出している秘訣だと考えています。

ウェブサイトもA社独自のメソッドや方法論が理解できるような構成になっており、「うちは他の会社とはココが違います!」というイメージを、簡単に持つことができます。

このように、自社のUSPを誰が見てもすぐに理解できるようにPRし、その情報をネットで拡散することは、ウェブ集客で成功するために特に重要なポイントです。

特に、英語業界のように業界そのものが成熟しきっている場合。英語を習いたい生徒は、どこを選べばダントツで安心できるのか。その絶対的理由を探しています。

この意味でもはや、

・ネイティブのマンツーマンレッスン!

・激安価格!

などの差別化できない訴求は、自社の訴求点として、十分ではない状況になっています。

だからこそ、他社と自社の違いを言葉で明確に説明できない会社は、その他大勢。生徒から選ばれることはありません。この点、A社のウェブ戦略は現在のお手本にしたい成功例です。

1・自社の認知度がない状況でどのように認知度を高めるか?

2・自社の絶対的USPをどのように見込み客に認知してもらうか?

この2点について、徹底的に戦略が練られており、自社のブランドイメージを損なうことなくウェブ集客に成功しているのが、A社の特徴です。

成功のポイント1

自社のブランドイメージ、USPをウェブで正確に拡散するための広報戦略を意識している。

SEOに成功しダントツ1位に選ばれるB社の事例

次に注目したいのが、とある地域で「英会話スクール 地域名」で不動の1位を獲得している英会話スクールB社の事例です。

「英会話スクール 地域名」というキーワードで検索している人は高い確率でその地域の英会話スクールを探している「通うことを検討している」見込み客です。

そのため、B社のように、常にグーグルで1位表示されているというだけでも、他社とはダントツ。ウェブ集客に成功していることは想像に難くありません。

もちろん、グーグルで1位表示されていることイコール、完全なる成功が約束されているわけではありませんが、B社の場合間違いなく、高いCVRを獲得していることは間違いありません。

なぜかというと、CVRの高さはウェブサイトを見れば一目瞭然だからです。

まず、英会話スクール 地域名で1位表示されたB社の名前が目につきます。ここで素晴らしいのは、クリックしなくても、B社がどのような特徴の英会話スクールなのか。ひと目で分かることです。

タイトルの付け方としてはまさに完璧としか言いようがありません。

例)○○(地域名)の英会話スクール(50分XXX円)「B(英会話スクールの名前)」

B社のリンクをクリック、実際のウェブサイトにアクセスすると、更に素晴らしいのはコンテンツ。英会話スクールに興味が持つ人が知りたいと思っていることが自然な形で目に飛び込んできます。

具体的には、まずヘッダー部分で英会話スクールのレッスンの写真が飛び込んできて、これで具体的なレッスンのイメージが目に入ります。

そして、

1・どこにある英会話スクールなのか?

2・レッスンは何分でいくらなのか?

3・生徒数はどれくらいいるのか?

など、重要な情報がページをスクロールしなくても、アクセスした瞬間分かるようになっています。

ページをスクロールしていくと、英会話スクールの詳しい説明。コースや特徴。料金。「この情報は知りたい!」ということが、全て網羅されています。

ウェブサイトにアクセスすれば、ひと目で英会話スクールの特徴も理解でき、無料体験申込みまでの流れが、素晴らしく秀逸です。

それだけでなく、ページのソースを確認すると、SEOを意識したキーワードの記述もバッチリ。 B社がグーグルで不動の1位になっているのも、納得できる話です。

なぜなら、2位以降の英会話スクールは、ここまでコンテンツを準備しておらず、情報の提供が不十分で「使いにくい」「不便」なウェブサイトになっているからです。

更にもう一つ言えば、SSL対応すらしていませんので、サイトを見た人が安心して申込みができません。

「SSL対応って?」という方はこちら

このように、SEO対策を意識するだけでなく、コンテンツレベルで完全にウェブサイトを見る人目線で作られているウェブサイトから、申込みが発生しないわけがありません。

ウェブ集客のためにSEO対策は大切です。しかしそれと同時に、肝心のコンテンツで必要な情報を完全かつ分かりやすく提供しているかどうか。

その心遣いが、ダントツの結果を生み出しています。

成功のポイント2

コンテンツを重視した上でSEO対策に取り組んでいる。

そもそもウェブサイトを公開している目的は?

あなたは何のためにウェブサイトを公開していますか?

「そりゃ当然、生徒を増やすためだよ」

という答えだと思いますが、あなたのウェブサイトは、生徒を増やすための作りになっていますか?

世の中には不思議なことに、なぜか申込みの手順が分かりにくくなっていたり、申込みページがSSL非対応で、「ここから申込まないでください」と言わんばかりの作りになっているウェブサイトがあります。

私も全国各地、100社以上の英会話スクール・英語塾のウェブサイトをPC・スマホの両方で拝見しましたが、申込みまでの導線作りが微妙で、申込みに不安を感じるウェブサイトをかなり確認しました。

例えば、グーグルで英会話スクール 地域名で1ページ目に表示されるC社。
ページトップに無料申込みが表示されるのはOKなものの、ページに必要な情報が圧倒的に不足しており、このまま無料体験を申込むには不安を感じます。

なぜなら、

1・英会話スクールの特徴

2・コースの情報

3・講師の情報

4・レッスンする場所

5・生徒の声

など、知りたいと思う情報が、圧倒的に欠けています。それはすなわち、CVの低下を招きます。なぜなら、人は不安な情報があればリスクを感じて行動しなくなる生き物だからです。

C社のウェブサイトの場合、「安い!」といった価格面の訴求のみが強すぎて、その他、安全安心な申込みに必要な情報が圧倒的に欠けています。

そのため、せっかくグーグルの1ページ目に表示されているというメリットを、完全には生かしきれていない印象を受けます。

C社の例はまだいいほうで、実際には、

1・申込みまでの導線が複雑で、途中で離脱したくなる
2・そもそも申込みページがSSL未対応で「このウェブサイトは安全ではありません」と危険表示されている

などの会社のウェブサイトも多くあります。これでは、「ウェブから申込みを獲得する」という、ウェブサイトの役割を果たすことは難しいでしょう。

この意味で本記事をお読みいただいているあなたにはチャンスです。サイトを適切に改善することによって、ライバルよりも「選ばれる存在」になることができます。

成功のポイント3

ウェブサイトの運用目的が明確で、目的がスムーズに達成される作りになっている。

ユーザービリティへの徹底的なこだわり

ウェブサイトを運用する上で何よりも重要な大前提。それはユーザービリティです。

「使いやすい!」「見やすい!」「快適!」

そういった、当たり前の部分をおろそかにしていては、いくら良いコンテンツを準備しても。申込みまでの経路を完璧に設計したとしても。

期待する反応を得ることはできないでしょう。

例えば、あなたがユーザービリティについて理解を深めたければ、あなたの運営する地域の同業者の英会話スクールを10社ピックアップ。

それぞれウェブサイトをチェックして、見やすくてストレスを感じないサイト。見ていてストレスを感じてそっ閉じしたくなるサイト。リストアップし、ユーザービリティという視点でサイトを分析してみてください。

どこが快適に感じるか。逆に、どこが不便に感じるか。こうした「感じる」という感覚は数字では表すことができませんが、ウェブ集客を実現していく上で、とても大切なポイントです。

ユーザーに快適にウェブサイトを閲覧してもらうためのポイントがユーザービリティで、便利であればあるほど、ウェブサイトが本来の役割を果たしてくれることでしょう。

ウェブサイトから申込みを増やす。その場合、SEOやキャッチコピーなど、目に見えやすい部分ばかり重要視してしまいますが、実は成功の土台となるのがユーザービリティです。

ともかく見やすい。使いやすい。ストレスを感じない。こういった部分を決して、軽視してはいけません。

【成功のポイント4】

ユーザービリティを徹底しウェブサイトの細部にこだわっている。

今すぐユーザビリティを高める工夫についてはこちらをご覧ください。

今さら聞けないウェブサイトのユーザビリティの話【最低限これだけは】

誰にでもできることを誰よりも徹底する強み

もしかしたら、最終的にウェブ集客で成功できるかできないか。それはこの点で決まってくるのかもしれません。一体何の話なのかというと、それは「凡事徹底」というキーワードで説明することができます。

あなたが英会話スクールや英語塾などを運営しており、ウェブから積極的に生徒を獲得したいと考えている場合。

ぜひ、グーグルで上位表示されている、同業他社のウェブサイトをチェック。そして、その内容を常に確認してみてください。すると上位表示されているサイトほど豆に、情報更新がされていることに気づくはずです。

キャンペーンの情報。生徒の情報。その他イベントの情報。常に誰かが、そのウェブサイトを更新していることに気づくはずです。

ウェブサイトを更新して、常にユーザー目線。価値を提供していくことは当然のことです。しかしその当然を継続することは、簡単なことではありません。

だから、それをしている人。常にウェブサイトを更新。改善している会社は、それだけで、他社と差別化することに成功しています。

別にそれは精神論でも何でもなく、「更新頻度が高いウェブサイトは評価されやすい」という、ウェブの世界では当たり前の事実です。

ウェブサイトというと、「情報を掲載すればあとは放置しても構わない」という印象があって、昔は確かに、それで良い時代もありました。しかし今、一度公開した情報を古いまま放置するとどうなるか?

グーグルから「このウェブサイトは更新を怠っている古いサイトである」と判断され「優先的におすすめしたくない」とランクダウンさせられるリスクがあります。

実際、更新頻度はランクに関係する要素なので、常にウェブサイトを新鮮にしておくマメさが、ウェブ集客に成功するためのポイントです。

どんな些細な情報でも、新しい何かがあればすぐにウェブサイトに掲載。古くなった情報を更新するだけでなく、常にフレッシュ。新鮮さを保つ。

この地味な努力は、地味であるがゆえに、ウェブ集客における微差として、あなたの成功を決定する要因になる可能性があります。これが凡事徹底のスゴさです。

成功のポイント5

凡事を徹底している。

まとめ

以上、長くなってしまいましたが、最後のまとめです。

1・自社のUSPを正確に認知してもらうための戦略を練る。

2・コンテンツを重視してSEO対策している。

3・ウェブサイトの運用目的が明確で、目的がスムーズに達成される作りになっている。

4・ユーザービリティを徹底しウェブサイトの細部にこだわっている。

5・凡事を徹底している。

結局のところ、ウェブ集客で成功する会社。そうでない会社。その違いを端的に表現することはできませんが、言えることは、成功する会社は、成功するべくして成功しているという事実です。

すなわち、ウェブ集客に成功するために必要な手を打ち、常に自社をPRする努力を継続している。

それは当たり前のことなのかもしれませんが、当たり前ができている会社がどれくらいあるか?あなたが同業他社のウェブサイトを100社近くチェックすれば、気づけることがたくさん見つかるでしょう。

この記事では、成功の要因5つ。あなたに分かりやすく伝えるため、実際の事例に基づき分析。ご紹介しました。

本記事でご紹介した情報に関しては、今すぐあなた自身が改善することができる内容です。「ピン!」と来る話があれば、それはあなたの集客の可能性を広げるヒントになるかもしれません。

ぜひ参考にしてみてください。

ちなみに、あなたがウェブ集客に今後力を入れ、あなたの英会話スクールをより多くの人に知ってもらうことに興味をお持ちであれば。こちらをご覧ください。

英会話スクール取材&紹介記事作成サービスのご紹介

タイトルとURLをコピーしました