ウェブ集客改善コンサルティングにSEO対策は含まれているか?

SEOについて

ウェブ集客の世界とは端的にいって、グーグルが決めたルールの世界であり、グーグルが「神」。

「このウェブサイトはダメである」

とグーグルに判定されてしまえば、あなたがいくら素晴らしいウェブサイトを構築したところで、グーグル検索からウェブ集客を実現することは不可能です。

だからこそウェブ集客を実現するためには最低限のSEO対策が必要なのは、疑いようのない現実です。

そこでウェブサイトのコンサルティングにおいては、SEOの基本的なノウハウを踏まえた上で、ウェブサイトの改善を行うことは可能です。

ただし、何が本当に正しいのか?それはグーグルのみぞ知ることであり、むしろ今後は、「SEO対策」という考え方そのものを変えた方がいい、というのが私の考えです。

SEO対策をしすぎてもダメ!

グーグルとしては、過度にSEO対策を施したサイトを嫌い、検索上位に食い込まないよう、様々な試みを行っています。

なぜならグーグルはユーザー1st。ユーザーの利便性、ニーズを最優先に考えるサイトを上位表示することを、その使命としているからです。

早い話、小賢しい方法を選ばず、正々堂々とウェブサイトの品質を改善していくのが成功の王道です。

キーワード比率がどうだとか、外部リンクがどうだとか、そういった技術論を追求する前に大切なのは、貴社のサイトがユーザーが求めている情報を適切に提示できているか?

綺麗事のように思えるかもしれませんが、ウェブサイト本来の存在意義を見直していくこと。それが結果的に、SEO対策になると考えています。

もちろん現実問題、実際の検索結果ではいろいろ大人の話が想像できます。

なので、その点はネットではなく、実際のウェブ集客改善コンサルティングにて、忌憚なく私の考えをお伝えさせていただいております。

SEO対策は最低限!

ただ一つ言えることは、最低限のSEO対策は必要、という話です。

それは特別な話ではなく、タイトルとコンテンツの内容を一致させるなど、当たり前の話です。難しい話でもありませんし、あなたがそのポイントを理解すれば、今すぐ施策を施すことができます。

その結果が適切に反映されるまでには時間がかかるのですが、適切に調整していくことで、正しくグーグルにウェブサイトの内容を伝えることができます。

この点、

1・タイトルと説明

2・記事の内容とキーワード

最低限、この2つだけは、特に意識を払い、調整を行いたいポイントです。

まとめ

ウェブサイトのコンサルティングの目的はウェブ集客の成功。必然的に、最低限のSEO対策が必要となります。

そこでウェブ集客改善コンサルティングにおいては具体的にウェブサイトをどのように調整していけばいいのか、具体的に説明させていただきます。

なんだかんだ言って、ウェブ集客で成功するためにはグーグルからのアクセスが必要不可欠です。

しかしそこであやしげな手法に手を染めてしまっては失敗のもと。最低限何をすればいいか。私が知りうる範囲での改善策は、積極的にお伝えさせていただきます。

サービス内容・料金一覧へ

よくあるQ&Aへ

タイトルとURLをコピーしました