【個人経営の英語塾向け】最短でウェブ集客に成功したいならYouTubeに注目する4つの理由

YouTubeに動画をアップ中

ウェブ集客の定番といえばグーグルのSEO対策。成功すればほぼ無料で、新規生徒を集客できるという、大きな強みがありました。

この現状に関しては今も変わっていませんが、ただ一つ。大きな流れが発生しています。それが、YouTubeからの集客です。

結論から言って、検索からの集客だけでなくYouTubeに力を注ぎ成功した人は今後、ウェブからの集客において大きなメリットを実感できます。

特に、あなたが大手ではなく、個人の英語塾を経営している場合。YouTubeを積極的に活用する価値があります。

では具体的にどんな価値があるのか?このページでは知っておきたい4つの価値をご紹介します。

個人を打ち出せる

YouTuberという言葉があるように、YouTubeは法人よりもむしろ、個人が全面に出ることによって、注目度を集めることができるプラットフォームです。

そのため、個人英語塾のような、あなた個人の特性やキャラを全面に打ち出すにはピッタリのプラットフォームです。

すなわち、あなたがどんな方向性で英語を指導していて、どんな生徒ならあなたの指導を効果的に活用できるのか。

それらを全面打ち出した動画を配信することによって固定ファンを獲得できる+実際の集客へと、つなげていくことができます。

英語+YouTubeは相性が良い

次にYouTube動画は英語ジャンルと相性が非常に良いです。

というのは、YouTubeで英語ティーチャーとして動画を配信している方がチャンネル登録数を増やしている現実があること。

そして動画を確認することで英語を学びたい人に適切な動画を配信することによって、スムーズに増やしていくことができます。

この点、動画ではあなたの英語塾経営の方針(対象生徒、指導方法など)を徹底した上で、あなたのキャラや個性を全面に打ち出した動画を配信することで、固定ファンを獲得できる可能性が高いと言えます。

例えばあなたが指導力に自信をお持ちなら、代○ミや東進ハ○スクールの講師が講義をしているような動画をテーマに沿って配信することで、あなた自身はもちろんのこと、塾そのものの宣伝をナチュラルにすることができます。

無料で宣伝できる

個人経営の塾にとって大切なのは1にも2にも、毎月新しい固定費を増やさず、経営を継続していくことです。

この点、毎月宣伝のためのお金を投資することは大切ですが、その一方で、お金をかけず宣伝していく取り組みも必要です。

この点、YouTubeは動画を投稿し、それが視聴者から評価されれば、ますます視聴者を獲得することができます。それは完全無料で可能です。

もちろん、無料とは言っても、動画を作る機材や手間といった有形無形の先行投資は必要です。しかし、一度動画を投稿すれば、それがあなたの英語塾の宣伝活動における、大きな資産になってきます。

ただし視聴者から評価されるか否かは当然動画のレベルや質にもよります。

「楽して」「簡単に」結果を出すことはできないかもしれません。しかし、無料で試せる宣伝ツールです。あなたが個人経営の英語塾を運営しており、あなた自身のキャラ。方針を積極的に打ち出したい場合。

YouTubeによる宣伝活動は、無料できる最高級の手段となるでしょう。

継続が価値を生む

最後に強調したいのが、YouTubeはストック型のプラットフォーム。すなわち、動画を投稿し続けることで価値がますます高まっていくプラットフォームであるという点は、非常に重要なポイントです。

この点、ウェブサイトと同じですが、継続は力なり。根気強く動画を投稿し、継続することによって、それが想定外。予想外のところから、新しい集客につながっていきます。

もちろん、「1分だけの手抜き動画を投稿し続ける」など視聴者にメリットがない動画をアップすることを継続しても意味はありません。

同業者の人気動画をチェックしてどうすれば視聴者に価値を提供しつつ、自分の塾を宣伝できるのか。それらをしっかり考え、動画を作っていく手間は必要です。

しかしそれが継続できるなら、あなたは集客に困ることはないでしょう。単語を覚えるのと同じく、地道な努力がまさに、ウェブ集客では最強の武器となるからです。

最後に

以上、なぜ個人の英語塾経営者にとってYouTubeからの集客が大きな価値を持つのか。4つの理由をもとに解説しました。

基本的にあなたが自分を全面に出し、積極的にウェブから宣伝活動を推進したい場合、動画からの集客は特に効果を実感できるでしょう。

ウェブサイトからの集客も当然大切ですが、今後動画市場はますます増えていきます。この点、個人塾の経営者+動画による宣伝は、非常に相性が良いと言えます。

あなたが現状、生徒獲得に満足していてもいなくても。今後ウェブを活用して積極的に生徒獲得に困らない現実を手に入れたいなら。YouTubeを検討してみてはいかがでしょうか。

チャンスはすぐそこに、あるかもしれません。

あわせて読みたい

英語塾経営者がウェブサイトに掲載しておきたい基本コンテンツ7選

英語塾経営者がグーグル検索で上位表示を実現したい重要キーワード

きれいなウェブサイトにすればガンガン集客できる?【素朴な疑問】

タイトルとURLをコピーしました