【一時は万事】当たり前のことができる英会話スクールは当たり前のように伸びる話

戦略会議中

このページでは私の個人的な体験に基づいた、集客が上手くいっている英会話スクールのお話をシェアします。

それはウェブ集客のノウハウなど、いわゆる技術的な話ではありません。しかし、個人的にはその根拠を明確に示すことはできませんが、この話は集客の成功と関係があると考えています。

こちらでお伝えしている話は、あなたには当てはまらない話かもしれませんが、もしかしたら何かの参考になるかもしれません。

「こういう話もあるんだな」という気持ちでお読みいただければ幸いです。

コンスタントに集客がうまくいっている英会話スクールの話

私は現在、英語学習メディアの運営を開始して10年以上経ちます。

アフィリエイトはもちろんのこと、直接契約等、様々な形でお付き合いをさせていただいております。

そこで先方の英会話スクールの担当者の方々と、直接やりとりをさせていただいていますが、その中から気づいたことが一つあります。

それは、上手くいっている英会話スクールはサービスレベルそのものが高いだけでなく、会社として当たり前のことが当たり前にできている、ということです。

例えば、問い合わせをすれば迅速に返信が返ってくる。契約書に従い入金期限を守ってくれる。それは一般的なビジネスマナーとして当たり前の話です。

ちなみにレスポンスの速度は上手くいっている会社とそうでない会社を見抜く重要なヒントになる、というのが個人的な感想です。

英会話スクールだけでなく、英会話教材の販売会社においても、売れる商材を扱っている会社のレスポンスは信じられないほど神速です。

しかし、私がアフィリエイトだけでなく法人との直接契約をさせていただいて初めて勉強させていただいたことの一つは、当たり前の約束を着実に履行してくれない会社もある、ということです。

過去には連絡をしても返信は翌日。ときに返信をいただけなかったり、繰り返し約束をお守りいただけなかったため、契約書に基づき契約を解除させていただいたケースがありました。

そういう会社の傾向は、他社と同じように掲載をしても獲得件数が伸びないのが特徴です。このような経験から、「伸びない会社は物事がうまくいかない然るべき要因を持っているのではないか?」と考えるようになりました。

伸びている英会話スクールの目立たない特徴

ではその要因とは何か?

個人的には「小さいことを守る」ことだと考えています。すなわち、当たり前のことが当たり前にできるという、極めてシンプルな話です。

あなたの会社はどうでしょうか?

消費者から問い合わせがあったさい、迅速にその質問に対応できる仕組みができているでしょうか?「ここの英会話スクールは大丈夫?」と思われるような対応はしていないでしょうか?

それはとても小さなことかもしれません。しかしその小さなことによって、消費者の行動が変わる可能性は存分にあります。

というのは、「当たり前のことを当たり前のように履行する」ということは、当然のようでありつつも、案外軽視されがちなことだからです。

例えば、長く通ってくれている生徒への対応が雑になるなど、それは表面的には本当に小さなことです。

しかしお金を払って通っている側は、そういう態度に敏感です。つまり、自分がお客として丁重に扱われているか?それを直感的に見抜きます。

実際、私自身も身銭を切って英会話スクールに通ったものの、新しく担当になった講師のプロ意識のなさに呆れ、2年通ったスクールを即座に退学した経験を持っています。

英会話スクールは生徒に選ばれてこそ、経営を成り立たせていくことができます。そして選ばれるかどうかは案外、小さなことにかかっている可能性があるのです。

お金を投資する前に見直すべきこと

あなたが英会話スクールを経営しており、現状その経営において何らかの課題を抱えている場合。

大きなキャンペーンを実施したり、ウェブサイトのリニューアルを検討する前に、まずやるべきことがあるかもしれません。

生徒の対応はどうでしょうか?問い合わせが来たときはどれくらいで返信しているでしょうか?電話応対はどうでしょうか?サイトの表示速度はどうでしょうか?

改善のヒントは本当に小さいところに隠されています。

この点、まずお金を投資して何かを始めるというよりは、受付や講師の対応をはじめ、ウェブサイトからの問い合わせの対応といったことまでを見直し、当たり前のことが当たり前にできているか?

基本的な事柄を見直すことが改善の第一歩になります。それはお金をかけずともできることです。小さいことを見つめ直していくことによって、そこに問題が隠されていることを発見できる場合があります。

まとめ

最後にまとめです。

競争の激しい英会話業界で選ばれ続けている会社は、サービスの品質が良いのはもちろんのこと、当たり前のことが当たり前にできている。すなわち、会社としてうまくいっているのが何よりの特徴です。

会社として当たり前のことがうまくいっていないのに、レッスン費用がどうだとか、サービスを訴求したところで、それが良い結果につながることはありません。

この点、消費者が安心かつ信頼してあなたの英会話スクールに来校し、レッスンを受けることができる体制が整っているか?あなた自身が生徒の立場になって、小さなことから、自社を見つめ直してみてはいかがでしょうか?

私自身、英会話スクールの経営をしたこともなければ、英会話スクールのスタッフとして働いた経験があるわけではありません。

しかし、英会話スクールに足を運び、教室の雰囲気や運営の体制を間近で見た上で集客のお手伝いをさせていただいている経験から、上手くいっている英会話スクールの空気感は知っています。

それと同時に、うまくいっていない英会話スクールの空気感も知っています。だからこそ強く思います。両者の違いは、すべて小さなことの積み重ねである、と。

最後に

当たり前のことが当たり前にできているかどうか。「当然」と思えることがきちんとできているか。改善のヒントはお金をかけなくてもできるところに隠されている可能性があります。

なぜなら「一事が万事」で、すべてのことはつながっています。その小さいことがサービスレベル。そして最終的には顧客満足度につながっていきます。

少し漠然とした話になりましたが、今の段階でこの話が必要な方にはきっと、届くと思っています。参考になれば幸いです。

あわせて読みたい

個人経営の英会話教室が「選ばれる存在」になる考え方

選ばれる英会話スクールは必ずオンリー1の「USP」を持っている

タイトルとURLをコピーしました