英会話教室のウェブ申し込み率を高める必須コンテンツ9選

ウェブサイトのコンテンツ

ウェブ集客で生徒を獲得したい英会話教室経営者の方向けのページです。

こちらでは、ウェブサイトに一体どんなコンテンツを用意すればいいのか。おすすめコンテンツをご紹介しています。

あなたのウェブサイトを確認の上、きちんと用意できているか、ぜひ確認してみてください。

ちなみに、英会話教室経営者がウェブ集客に成功するおすすめキーワードとあわせて、ご覧いただくと効果的です。

必ず用意しておくべき英会話教室基本コンテンツ

まずはじめに、ウェブサイトに用意しておきたい重要コンテンツをご紹介します。

これらの情報が欠けている場合、あなたのウェブサイトを見た見込み客が情報に満足できずCVしない原因になります。

万が一欠けているコンテンツがあれば、早急の掲載をおすすめします。

あなたの英会話教室の紹介ページ

あなたのウェブサイトを見る人は、「あなたの英会話教室を全く知らない人」という前提で考えることが大切です。

そこで、

・そもそもどんな英会話教室なのか?

・分かりやすいポイント、特徴は何なのか?

などのポイントを、第三者視点で簡潔かつ分かりやすく伝える、英会話教室の紹介ページを用意しておくことが大切です。

例えば、あなたが少人数制の英会話教室を経営、レッスンの質の高さと料金のお得さをPRしたいなら、

ポイント1・少人数限定+ハイスペックネイティブ講師採用!

ポイント2・1回50分1500円のレッスン

というように、誰が見ても「ひと目」でその特徴が分かるように見せ方を工夫することが大切です。

レッスンの詳細情報

英会話教室を検討している人が知りたいのは、

・一体どんなレッスンが受けられるのか?

・コースはどれくらい用意されているのか?

・自分のレベルには合っているか?

・スケジュールは大丈夫か?通えるか?休んだときは振替OKか?

といった、具体的な情報。

そこで、あなたの英会話教室がどんなレッスンを用意していて、レベル別対応の仕組みとコース、レッスンのスケジュール表など、知りたいことがすべてウェブサイトで確認できるようにすることが大切です。

なぜなら、英会話教室を検討している人が少しでも不安を感じる場合。つまり「知りたいことが十分でない」と感じる場合。

不安を感じて申し込みに心理的なハードルを感じるからです。

特に実際どんなレッスンが用意されているのか。コースはどうで、スケジュールはどうなっているか。具体的なレッスン情報は、積極的に公開していく必用があります。

料金の情報

英会話教室の料金がどうなっているか。ここはスクールの信用度を測る上で、特に大切なポイントです。

かつて、英会話教室のチケット制が問題になった事件があったように、お金の問題は非常にシビアにチェックされています。

そのため、料金体系が分かりにくいというだけで、「この英会話教室はあやしい」と避けられてしまう可能性があります。

逆に、誰が見ても料金体系が明瞭で不安を感じない場合。「それなら無料体験に申し込んでみるか」という気持ちを持ちやすくなります。

1レッスンいくらか。月いくら払えばいいか。支払い方法はどうなっているか。そもそも入学金は必用か。返金保証には対応しているか。

お金のことについては、不安を感じさせないよう明瞭に記載しておくことが大切です。

お金の問題であなたのウェブサイトを見て申し込んだ人に誤解を与えると、信用や評判の面で、後々トラブルが生じる可能性があります。

料金を税別表示にするなら、それも分かりやすく明記しておきます。

ちなみに、万が一退会するときの情報、料金の約束などを分かりやすく紹介しておくと安心感アップにつながります。

英会話教室の料金をウェブサイトで完全公開する理由

講師の紹介

気にする人は気にするのが、

・どんな人が先生をしているのか?

・信頼できるのか?(=採用の基準)

ということ。

生徒は想像以上に、先生のことを気にしています。特に、英会話教室が乱立している現代。「ネイティブ講師採用!」という程度では、他社と差別化することができません。

おまけに、英語を習うこともハードルを感じている人が多いので、どんな先生が英語を教えてくれるのか。先生の経歴はどうなのか。安心して英語を教わるに値する人物なのか。

あなたがどんな基準で英会話講師を採用しているのか。実際採用されている先生はどんな人なのか。可能な限り詳しく掲載することが大切です。

その際は顔写真。講師のコメント。学歴などの経歴。英語指導歴。「生徒側として知りたい情報は何だろう?」と考え、必用な情報を掲載していきます。

「特に、うちの英会話教室の講師は安心です。なぜならこのような採用基準で厳しく質を高めているからです」ということを、積極的に伝えていきましょう。

そのさい、どんな基準で英会話講師を採用しているのか。具体的かつ分かりやすく説明しておくことも忘れずに。

生徒の利用特典・サポート情報

他社英会話教室とあなたのサービスを差別化するために必用なコンテンツです。

例えば、あなたの英会話教室を申し込んだ人は、どんなメリットがあるでしょうか。勉強をサポートしてもらったり、スタッフによるサポートはあるでしょうか。

「ここはうちだけの特典です」というポイントがあれば、その内容とメリットがカンタンに理解できるよう、きちんと説明するためのコンテンツを用意しておきましょう。

スクールの設備情報

地味に重要なのが、英会話教室の施設情報。どんな教室があって、どんな英語の教材が用意されているのか。自由学習は可能なのか。

そういった情報は写真付きで全て掲載。あなたのウェブサイトを見た人が、あなたの英会話教室を具体的にイメージできるコンテンツを掲載しておくことが大切です。

なぜなら、人は未知の場所に不安を感じるからです。不安を感じる場所に、足を運ぶのは、想像以上にハードルが高いものです。

そこで英会話教室の施設をしっかり紹介。教室やスタッフ、レッスンの雰囲気などを写真付きでしっかり紹介。

これによって、「この英会話教室はこういう場所なんだ」というイメージを分かりやすく伝えることができます。

利用者の声

CVに関係してくるコンテンツが利用者の声。

ようするに、「実際に英会話教室に通っている人はこんなに満足しています」ということを伝えるためのコンテンツです。

できれば、あなたの英会話教室に継続して通っている生徒で、インタビューOK、顔出しOKの生徒に協力を以来して、何人かにあなたの英会話教室に通って満足しているところを公開しましょう。

利用者の声は、基本的に多ければ多ければ効果的です。

アクセス

忘れてはいけないのが英会話教室へのアクセス情報。

「この英会話教室は気になるな。どこにあるのだろう?んーん場所が分かりにくい・・・」

こうなってしまっては機会損失。

アクセスに関しては、誰が見ても30秒で理解できるくらい、分かりやすく説明することが大切です。

アクセスページを専用に作成し、グーグルマップを貼り付けておくことはもちろんのこと、最寄り駅からアクセスを具体的に紹介するのもいいでしょう。

初めての人が、分かりやすくアクセスできることを実感できるよう、紹介するのが大切なポイントです。

「ここは通いにくそう・・・」と思われてしまうのはNGです。

無料体験の詳細

あなたがウェブサイトを用意する最大の目的。

それは、英会話を習いたい人にウェブサイトから無料体験に申し込んでもらい、実際にあなたの生徒になってもらうこと。

そこで、全てのページに分かりやすく無料体験申し込みのバナーやリンクを用意しておくことが大切なのですが、肝心なのは、無料体験で一体どんなことをするのか?ということ。

この情報を分かりやすく用意しているかしていないか。これがCVの差になってきます。

例えば、あなたは次の2つの英会話教室を検討しているとして、どちらに申し込みたくなるでしょうか?

1・無料体験をクリックすると、名前や住所などの入力フォームが出てくる英会話教室

2・無料体験をクリックすると、無料体験でどんなことをするのかが分かりやすく書かれていて、安心感を感じる英会話教室

大切なのは、「私の英会話教室の無料体験ではこのような流れで、このような経験ができ、安心して申し込むことができます」という情報を伝えることです。

すなわち、いかに申し込むまでにあなたの英会話教室を検討している人に不安を感じさせないか。

それが一番のポイントです。だから必用な情報は、全て先に与えておくことが大切なのです。

基本コンテンツを準備する=最低限の信頼性の獲得

以上、英会話教室のウェブ申し込み率を高めるために準備しておきたい最低限のコンテンツ9つをご紹介しました。

どれもうまくいっている英会話教室のウェブサイトには標準的に用意されているコンテンツです。

逆に、「この英会話教室は少し申し込みずらい・・・」という場合、必用なコンテンツが不足しています。

だから、ウェブサイトを見た人は不安を感じ、「別のところにしておこう」と逃げてしまいます。

しかし、あたりまえのコンテンツをしっかり抜かりなく準備しておくだけで、CVは明らかに変わります。

それは見る人にまず情報を与える姿勢を徹底することによって、容易に改善できるポイントです。

まとめ

以上、長くなってしまいましたが、いかがだったでしょうか。

あなたの英会話教室のウェブサイトは、これらのコンテンツが全て、用意されているでしょうか。

あなたのウェブサイトを見た人が、あなたのサービスについてきちんと理解できるようになっているでしょうか。

もしあなたが、その点に自信を実感できない場合、まだまだ改善の余地があります。

すなわち、問題点を改善することによって、あなたのウェブサイトから英会話を習いたい人が申し込む率を高められる可能性があります。

その点について、より具体的に知りたい方は、ウェブサイト改善コンサルティングにて、具体的に改善点をお伝えさせていただきます。

詳細はこちらをご覧ください。

ウェブサイト改善コンサルティング サービス概要

あわせて読みたい

英会話教室経営者がグーグルで上位表示を実現したいおすすめキーワード

ウェブからの申し込み率を高めるサイトの大前提

英会話教室に生徒が集まらない5つの理由

タイトルとURLをコピーしました