ウェブサイトコンサルティングの重要事項「PDCA」について

ウェブサイトの修正作業

ウェブサイトを更新し、新規記事の追加や既存コンテンツの改善が完了したら、重要なのが結果の検証と改善点の改善です。

ウェブサイトは作りっぱなしNG。

変化を加えたことが具体的にどのような結果につながったのか。それを検証して、更に改善を加えていく作業が必要になってきます。

そのため、アクセス解析や実際のCV等のデータを参照。問題点を洗い出し、さらにウェブサイトを修正。より効率的なウェブ集客を目指します。

ウェブサイトの成功に欠かせないこと

ウェブ集客で重要なのは、サイトのどの部分がどのように集客に貢献したのか。原因と結果を確認することです。

とはいえ、ウェブの世界は複雑で、

アクセスがアップしたからといって、それが必ずしも見込み客の獲得につながるとは限りません。

実際のところ、

ウェブ集客を始めてウェブサイトを更新→アクセス数は増えた→売上は上がらない

となることは十分に有り得ます。

つまり、ウェブサイトをブラッシュアップして、更新。新規記事の追加等の努力をすることは当然の前提です。その上で、実際のデータをチェックし、目的を達成するための再調整が必要なのです。

この点は、強く強調させていただきます。

なぜ検証と改善が必要なのか?

そこでウェブサイト改善コンサルティングでは、記事追加や更新のアドバイスで終わることなく、更新した努力が具体的にどのような結果につながったのか。

もっと良い方法はないのか。いわゆるPDCAの作業を重視しています。

「Plan=計画」「Do=実行」「Check=評価」「Action=改善」

だからこそ、この過程は非常に泥臭くなります。

結果が出る。再度検証し、ウェブサイトを更新していく。もっと良い結果が出せないかを考え、再度更新する。

ウェブ集客で結果を出すためには、このような泥臭い作業を繰り返すことが大切です。

それに、ウェブ集客はグーグルという環境がある以上、1ヶ月や2ヶ月。短期間で今すぐ目に見える結果を出すことはできません。

だからこそ私のウェブサイトのコンサルティングでは、短期的な成功ではなく長期的な成功を目指すクライアントのみ、契約をさせていただきます。

「3ヶ月以内にアクセスを50%アップして見込み客獲得率をブーストしたい!」という方は向いていないサービスです。

ウェブコンサルティングに向いている人向いていない人

修正と改善を繰り返す上で本当に大切なこと

ウェブサイト改善コンサルティングでは、コンテンツの設計を見直し、ウェブサイトを改善。そしてその結果を見て再度更新、修正していく流れです。

この作業を継続していくことによって、あなたのウェブサイトの内容と質がグーグルから評価されるサイトに成長。

あなたのサービスに興味を持つ見込み客を半自動的に集客できるウェブサイトにすることができます。

契約前と契約後。場合によってはあなたのウェブサイトの内容はガラリと変わるかもしれません。

しかしそれ以上に重要なのは、あなたがウェブ集客の本質を理解できることです。

すなわち、ウェブサイトをどのように改善していけば自動でウェブ集客ができるのか?あなた自身が、ウェブコンサルティングを通じ、その本質を身につけることができます。

その結果あなたが独力で自社サイトでウェブ集客を実現できるノウハウをマスターすれば私の飯のタネが減ってしまいますが、私が身につけてきたノウハウは全て惜しみなく提供させていただきます。

ウェブサイト改善コンサルティングによってあなたが身につけたウェブ集客の知識は、今後、あなたの人生における大きな財産になることでしょう。

まとめ

以上、このページではウェブサイト改善コンサルティングについての重要部分である、ウェブサイトの改善と修正についてご説明させていただきました。

ポイントは、ウェブ集客の根本を、サイトそのものから見直し、自然検索からのアクセスを申し込みにつなげる流れを、作っていくことです。

ただ、繰り返しになりますが、何をどうすればいいのかという点については、完全にケース・バイ・ケース。貴社の現状によりますので、PDCAが必須になります。

この点、根気強さと粘り強さ、何よりあなた自身が「ウェブ集客に成功できる!」という強い覚悟を持つ必要があります。

以上、次のページにて、ウェブサイト改善コンサルティングサービスの流れをまとめてご紹介します。

俯瞰的にサービスを理解したい方は、こちらをご覧ください。

ウェブサイト改善コンサルティング サービスの概要

あわせて読みたい

ウェブコンサルティングに向いている人向いていない人

サービスの支払方法は?返金は対応している?

中途でウェブサイト改善コンサルティングの解約はできる?

タイトルとURLをコピーしました