アフィリエイトの広告主になるメリット&デメリット

売上げアップ

うまく使えば集客力&売上げアップが期待できるアフィリエイト広告。しかし運用に失敗すれば売上が伸びないだけでなく、会社のイメージが悪くなるリスクも。

そこでこのページでは、ウェブ集客に成功したい方に向け、アフィリエイト広告を導入するメリットとデメリットを、公平な視点でお伝えしています。

物事には必ず良い面と悪い面があります。あなたの場合はどうなのか?ぜひ参考にしてみてください。

そもそもアフィリエイト広告とは?

まずアフィリエイトとは完全成果報酬型のネット広告です。

通常の広告の場合、広告を出して成果が出ようが出まいが、お金を払う必要があります。

しかしアフィリエイトの場合、広告を運用する会社(ASP)に固定費+売れた分の成果報酬を支払う必要がある以外、余計な広告費を払う必要はありません。

「こういう結果が得られたらいくらお金を支払います」という条件で広告を出すことができるのがアフィリエイトの特徴です。

つまり儲かったら儲かっただけ成果報酬を払えばいいという、広告出稿側にとって、とても都合の良いシステムになっています。

例)無料体験の申し込み発生で1,000円

条件はアフィリエイト広告出稿側で決めることができます。

メリット&デメリットはこちら

アフィリエイトを活用してネットで爆発的に認知度アップ。売上をどんどん獲得している英会話スクールが実際にあり、グーグルのアドワーズなどを合わせて広告費を投資していくことが、大切になっていきます。

ただ、当たり前ですが、アフィリエイトを導入すれば今すぐ誰でも儲かるわけではありません。

メリットとデメリットを比較した上で、導入を検討する必要があります。具体的なメリットとデメリットは、このようになります。

メリット

・広告の成果を正確に測ることができる。成果が出た分だけお金を払えばいいので、費用対効果は最強!

・低予算でも始めることができる。

・ウェブでの認知度アップが期待できる。

デメリット

・初期費用と固定の継続費用が発生する。

・アフィリエイトに参加しても今すぐ成果を回収できない。

・設定報酬が安いとアフィリエイターが集まらず儲からない。

・想定以上に売れすぎた場合、広告費がかさむ。

・不正をされるリスクがある。

・間違ったブランドイメージを持たれる可能性がある。

広告の成果が測定できる!

基本的にアフィリエイトを利用する最大のメリットは、1にも2にも費用対効果です。

うまく運用することができればそのコスパは最強。なぜなら、実際に売れた分だけ報酬を支払えばいいので、成果を着実にトレースすることができます。

つまり、広告の効果を実際に確認した上で、広告費を投資することができます。

次に効果が大きいのが、ウェブでの認知度アップです。

実際に稼いでいるアフィリエイトサイトの影響力は大きく、適切な報酬を設定して、公明正大に運用すれば、どんどんアフィリエイトサイトがサービスをプッシュしてくれます。

その結果、ウェブでの認知度がじわじわアップ。サービスの認知を高めて、指名検索を高めていくことができます。

要対策の不正問題

反面、問題となるのが不正です。

アフィリエイト業界に関して、不正についてはずっと議論されている問題で、これは広告主側も、アフィリエイターの側も両方、不正をする人がいます。

アフィリエイターに関しては、儲けたいがために誇大な宣伝をしたり、不正な手段で成果を獲得しようとします。

この点、どんなアフィリエイトサイトと提携して広告の掲載を許可するのか。

質の面のコントロールをする必要があり、一部広告主の動きとしては、限られたサイトとのみクローズドで提携して、広告を出稿していく傾向があります。

実際私のウェブサイトでも、広告主から直接お話をいただき、クローズドの条件で掲載をしている案件が複数あります。

不正に関しては、誰でも提携できる条件にせず、提携アフィリエイトサイトを絞ることで、ある程度問題を予防することができます。

この点、アフィリエイトの運用は性悪説に基づき、運用していく必要があります。

「今すぐ」儲からない!

また注意したいのは、効果を実感できるまでの期間です。

アフィリエイトはウェブという特性上、効果を実感するために時間がかかります。

アフィリエイト広告を開始し、提携サイトが増えていきますが、短期間で成果を出せるサイトは多くはありません。

早くて3ヶ月。たいていは6ヶ月以上かけて、じわじわ投資の効果を実感することができます。

そのため、アフィリエイトを導入するなら最低2年以上継続することで、投資の効果。そして価値を実感することができます。

この点、アフィリエイトの導入は、長期的視野が必要になります。

まとめ

以上、メリットとデメリットに関して、概要的な部分をご紹介しましたが、アフィリエイト広告を正しく運用することができれば、ウェブでの集客において、強烈な効果が期待できます。

ウェブ上にあなたのサービスを紹介してくれるサイトが増えるので、最初認知度がとぼしくても、やがてはサービス名で紹介されるほど、知名度を獲得することができます。

この点、広告予算の効果を明確に測定して、着実にウェブ集客の成功を狙う場合。アフィリエイトを導入する価値があります。

ただし、アフィリエイト業界はグーグルの変動や成果トラッキングの問題など、様々な課題に直面しています。

つまり、アフィリエイトを運用する会社そのものが淘汰されていく時代に入っています。

導入にあたっては、システム面がしっかりしており、問題に対して誠実に対処していく姿勢を示している安心できる会社を選ぶことが大切です。

以上、ウェブ集客の世界で安全安心。目に見える結果を出したい方は、一つの手段として、アフィリエイトに注目してみてはいかがでしょうか。

参考になれば幸いです。

追記

アフィリエイトについて、10年以上業界に参加している経験をもとに、広告主の方に向け、具体的な相談を承ります。

あなたの会社の場合、アフィリエイトを導入して儲かるのか?導入しない方がいいのか?

具体的な話にご興味がある場合、こちらをご覧ください。

あなたの会社はアフィリエイトで儲かる?

あわせて読みたい

本音で比較!アフィリエイトVS月極の固定契約

ウェブからの申し込み率を高めるサイトの大前提

英会話教室・英語塾の直接取材&体験談掲載サービス

タイトルとURLをコピーしました